会えるのが楽しみな俳優たち

観るのは洋画でエンターテイメント系。気になる俳優さんでカテゴライズしてみようかなあ。

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」予想以上にはまってしまいました。

え~っと、

観てきた興奮のままの感想をいうと、

ハリポタシリーズより、こっちのほうが好き、かも?

 

 

一番予想外だったのが、

マグルのジェイコブさん。

 

あ、

マグルって普通の人間のことだって、みんな知ってますよね?

アメリカではノー・マジって言うことも…?

なんで違うの?

まあいいけど。

 

ジェイコブさんの太ったおじさま姿を予告編などで拝見した時は、

あ~コメディ担当ね。

人はいいけどドジでうるさくて、自覚なく主人公を窮地に追い込んじゃう。

ウザいからそういう人出てくるのイヤなんだよねぇ。

とつぶやいていたのですが・・・

 

申しわけありませんでした !

勝手な思い込みはいけません・・・はい・・・

 

ニュートとちょっと係わっちゃったために、

とんでもない冒険に巻き込まれちゃうんだけど、

なんていうか、

無駄にジタバタしない。

物事を決めつける固さがないっていうのかなぁ。

「これは夢じゃないよね。オレの頭じゃ思いつかないから(フフ)」

なんて言いながら、魔法生物たちを理解しようとする。

 

この異種なものを受け止めることって、簡単そうに思えるけど、

柔らかい心を持っていないと、なかなかできないことですよね。

 

人の心を読める女性が出てくるんだけど、

美人の彼女が、丸いジェイコブをとても気に入る、

っていうほど素直できれいな心も持ってるし、ね。

 

後半はかわいく見えてきちゃいますよ、ぜったい(笑)

 

 

それから、思ってた以上だったのが、ニュートの能力。

伏目がちの姿とか、おっちょこちょい(これって誰か訳し間違ってるんじゃないのかな)とか聞いていたし、

魔法習得にはげむハリーたちが頭に残ってるから、

どうかな?とちょっと心配してた(なんで上から目線ww)けど…

 

ニュートの魔法能力、目を見張ります。

 

人間とつき合うのは苦手で、あまり人の瞳を見ずに話し、

目の前のことに夢中になっちゃうばっかりに、

ちょっと天然ドジ感もある彼。

 

でも、ひとたび杖を持てば、呪文を使いこなし、

何より、自分になついている動物たちを使って、

機転をきかせ、難局を切り抜けていく姿にほれぼれします。

 

そのギャップも萌えポイント(笑)

でっかいサイみたいな魔法生物をトランクに戻すために

ニュートが魅せる舞(?)を観て

エディ・レッドメインってすごい!

と思うのは、わたしだけじゃない、よね?

 

 

ハリポタシリーズでは一度もなかった、

うっすら涙、状態になっちゃいました。

これも予想外のできごと。

 

次がまちどおしいです。

最大の悪役、誰が演じるかを最後にみせられて、

正直、ちょっと、ふむ?、って思ってるんですけど(笑)

 

できれば、わたしもあのトランクの中に入りたい、なあ。

「エベレスト 3D」でサム・ワーシントンをフォーカスするのはちょっと変かな

ハイキングは好きなので、街中より自然の中派なので、

登ってみたい気持ちはわからなくはない。

登るなら、絶対頂上にデンしたいのも理解できる。

 

だけど、

でも、

なんでそこまでして?

 

映画を観てるだけでも、

酸欠ゼエハアしてくるし、

手が氷のかたまりになって動かない気になっちゃうし・・・

 

わたしは静かに平地で行きていくべきだと感じた

エベレスト遭難の実話物語。

 

 

登場人物が多くて、

関係性を飲み込むのも結構たいへん。

山に登る時はゴーグルと酸素マスクで、

え?

そこにいるのは、だれ?状態。

おまけに、

それをはずしても、

何故かひげ面だらけw

だから、見分けるのも眼力が必要。

 

サム・ワーシントンはひげを生やしてなくて

他の男たちとちょっと違う雰囲気。

エベレストではない山に登るチームだったけど、

遭難を知り、ベースキャンプに戻り、救助に尽力する。

 

でも、

ほんとは出来ること少ないよね。

無線で声をかけ、励まして…

希望を与えようとしながら、何も手助けできない自分がいる。

抑えた表情の、キリッとした横顔に苦悩をにじませる彼を見ていたら、

頼れるのはこの人だと感じてしまう、でしょ?

 

 

まあ、たしかに

彼は極限状態にはいないので、他の人と違うのは当然かな。

 

極限状態の中でも、

人間として生きることを見失わないように、

みんなそれぞれ必死にがんばってる映画。

 

だから、主人公は好人物のロブ。

しっかり考え、ちゃんと意見も言える人だけど、

自然という最大の脅威と闘うには、

ちょっと心根が優しすぎたんだろうなあ。

 

違うかな?

主人公はエベレスト。

たぶん・・・

 

 

「マスター・アンド・コマンダー」のマチュリン船医がポール・ベタニーとの最初の出会い。

2003年の映画なので、ちょっと前の話になる。

その映画観たよ、という友だちに、

「マチュリン先生、素敵だったよねぇ~」って言ったら、

「かっこいい人なんか出てたっけ?」と返された。

 

えーーっ!?

だってだって・・・

あ~

でも確かに、ちょっと異端かも ?

 

頭脳明晰。

怜悧な印象は、ちょっと冷たく感じる時があるかな。

でも、心の中はとても熱い人。

親友だけど艦長であるラッセル・クロウとも意見を戦わせる。

医者としての決断力もすごい。

なんか技術の高さよりも意志の強さが目立っちゃって(笑)

鏡を見ながら自分の手術までしてしまうし…

わおっ !

そして、

ガラパゴス諸島に上陸した時に見せる、少年のような瞳の輝き。

植物学者としての血が騒ぎ、

病み上がりの細身の体でフワフワとさまよう姿に、

萌えてもいいと思わない?(笑)

 

 

けっこういい映画だと思うのに、

日本であまり話題にならなかったのは何故だろう?

と不思議に思ってた。

ナポレオン時代の帆船同志の戦いも迫力あるし、

厚い信頼関係とか友情とか、

男たちの絆の物語をしっかり投げかけてきているのに…

 

DVD鑑賞で、今ほどネット住民でもなかったので、

このブログを書くために、ちょっと検索してみて初めて知った。

日本のプロモーションでネジ曲げられていた部分があったらしい。

それで敬遠されちゃったのかも?

 

まあ、ずれたプロモはよくあることだけど、

映画好きにはさみしいこと、だよね。

 

海が好き、帆船が好き、海洋冒険小説にワクワクしちゃう、

男たちの熱いドラマ、男たちの戦いが見たい、

なんていう人におすすめの映画かな。

 

 

で、ポール・ベタニーの話なんて、日本では全然出てなかったと思うけど、

日本以外では、

ラッセル・クロウにも負けない、

もしくはそれ以上の存在感だ、と絶賛の嵐だったんだって !!

 

そうだよね !!

それが、ポール・ベタニー

主役じゃないのに、映画が終わった後で、

なんだか不思議に心に残ってる役が多い気がするなあ。

 

 

 

ブログの狙いを定めました。

ブログを始める時は、

あんな事やこんな事、色々書こうと思ってたんだけど、

う~む、

思ったようにいかない。

 

原因を考えてみると、

わたしには人の役にたてる記事を書く力がない、

という事実にたどり着いた。

 

わたしも含めて、

パソコンで検索するのは、なんらかの知識。

誰かのブログに期待するのも、

そういうことが多いんじゃないかな?

 

そういう、人の役に立てるブログは無理。

わたしの知識は広く浅くがモットーで、

深く解説できることなんて、何もない。

色々テーマは思いつくけど、

それを読んだ人が、そーだったのかぁ~

なんて思うものは生まれそうにない。

そう感じてしまうと、なかなか文が書けなかった。

 

 

だったら、自分が楽しく書けることだけでいいじゃん !

 

 

だよね?

それに、日記と違ってブログだと誰かが読んでくれて、

いいね、というか、スター、というか

たまに、ご褒美がもらえたりするし…(笑)

 

ブログのタイトルも変えて、心機一転。

 

俳優さんの名前をカテゴリーに並べていく、はず、これからは。

洋画と海外ドラマしか観ないので、当然カタカナが並び、

わたしが気になる人なので、その映画の主役じゃないことも多々あるはず。

興味ない人にはまったくわかんないよ、

ごめんなさい、っていう感じ(笑)

わたしが韓流まったくわかんないのと一緒。

 

難関は顔写真。

どこまで使っていいのやら ?

今やネットはなんでもありの感だけど、どうなんだろ・・・?

文だけのブログって寂しいしなあ。

 

 

タイムズのカーシェアリングを始めてから3年位たったと思う

f:id:moveon60:20161108222804j:plain

 

ポンコツ軽自動車を廃車にしてから、車を持たない生活。

そうすると、1ヶ月か2ヶ月に一度くらい、

「あ~~車があったらなあ~」と思うことがあります。

ありますよ、ね?

そんな時、家の近くのタイムズ駐車場に「カーシェアリング」広告と

乗りやすそうな車を見つけ、思い切って登録してみました。

 

 

とにかく使いやすいシステムにまずビックリ。

手元に届くのは普通の大きさのカードが1枚。

必要なのはそれだけなんです。

 

パソコンかスマホで予約をしておけば、

10分前にメールが「時間だよ~」と教えてくれる親切さ(笑)

駐車場に行って、予約した車の後ろにそっと近寄りカードをかざせば、

カシャっとドアロックが解除されます。

そして、しばらく間、わたしの車になるのです。

 

たぶん、この、人と接することなく

簡単に車を借りることのできるシステムが出来たからこそ、

今のカーシェアリングの発展があるんだろうなと思ってます。

 

進歩しようという姿勢があるのもいいです。

たとえば、以前のある日、新しい車に乗った時のお話。

ボックスから車の鍵を取り出したのですが、

キーホルダーしかなく、キーが見当たりません。

「えーー!?」

わけわかんない ??

うろたえたんだけど、キーを挿す場所もないことに気づいた時、

あっっと思い出しました。

たしか今は、ボタンでエンジンがかかる車があるのだと…。

それらしいのを見つけ、おそるおそる押してみて、

ブォンっとエンジンがかかった時のうれしさ(笑)

 

わたしみたいな人、きっとたぶん、結構いるんでしょうね。

今は、そういう車に乗ると

「ブレーキ踏みながら、ハンドル横のボタンを押してね」

と音声が教えてくれます。

みんなの困ったを解決しようという思いがあるのだと、

感じるのですが、どうでしょう?

 

ガソリン代も駐車場代も車の維持費もいらないから

ちょこっと乗りしかしないわたしには

車を持つより絶対安い。

これも大きな理由ですよね。

 

もちろんデメリットもあります。

忘れ物できない、とか(笑)

これ、結構神経使います。

 

乗る車がいつも違うのも、疲れます。

若かったら、いろんな車種に乗れて楽しいかも、

だけど慣れた車に乗りたいとアラウンド60は思っちゃいます(笑)

 

同じ駐車場でも、車の入れ替えは結構はげしくて、

まあ、燃費のいい車になっていってるみたいで、

古い車なんて無いから、それでいいんだけど…

以前借りて運転しやすかったから、また、と思っても

恋しい車はもういなかったりするんです。

グスン。

 

それでも

日本全国カード1枚

手軽に車を借りられるのは魅力。

 

車を戻すと、メールが送られてきます。

利用時間や料金のほかに、

最高速度や急加速回数、急減速回数。

 

正しい運転を心がけます。はい。

 

 

「オデッセイ」は、おおいなる人間賛歌

原題「The Martian」訳したら「火星の人」

どこから邦題「オデッセイ」になったんだろ?

 

疑問に思う人は多いみたいで、

ネットみてて一番うけた理由が、

「火星人、出てこないじゃないか!」

って文句言われないため、だって…!?

 

 

宇宙人には出会わない(笑)

 

生きているものは、なにもない火星に、

一人取り残された宇宙飛行士の

命をかけた孤独な闘いの物語。

 

でも、悲愴感はない。

だって、マット・デイモンだもん(笑)

知性はあるし、しっかりした人間性だし、

なんたって、ユーモアを忘れないのがいい。

 

ポジティブに前を向いて、

ひとつずつ問題を解決していったら、

道は必ず開けていくはずと、

考えることのできる生物「人間」ってすごいよね?

 

そして、彼を救い出そうと奮闘する人たちもいいな。

たしかにメンツだとかメリット・デメリットとか、

いろんなことはあるけれど、

「人間」は心をひとつにすることさえできれば、

互いに助け合い、大きなことが成し遂げられる。

世界だってひとつになれるよね?

 

そんな大きなメッセージをしっかり受け止めたくなる。

 

 

原作を読みたくなったけど、

理系がさっぱりなわたしに読みきれるか、

ちょっと不安がよぎるなあ。

 

初めてアイキャッチ画像を作ってみた

f:id:moveon60:20161030200141j:plain

はあ~~

長い道のりだった・・・

 

知識もない、お金もない、能力もない。

ネットにあふれてる皆様の情報だけを頼りに、

がんばってみました。

ぜえぜえ・・・

 

 

★ 画像を探して漂流 

無料で写真を下さるところ、いろいろあるみたいだけど、

今、一押しの声が多いのはこちらみたい。

確かにきれいな写真がいっぱいで、選ぶのも大変です。

 

pixabay.com

 

え、英語?

大丈夫。日本語表示です。

写真をクリックするとダウンロードできる画面が現れます。

ドキドキしたけど簡単でした。

日本人の感覚とはちょっと違う外国風のものも多くて、

そこもおもしろいなあ~っと。

「コーヒー買って」っておねだりされるんだけど(笑)

無視してます。ごめんなさい。だから無料。

 

 

★ 画像に文字を入れなくちゃ ★

画像加工用のソフトっていうんでしょうか?

難しいことできないから、とりあえず文字が入ればOKと思ったんだけど、

結局こちらをダウンロードしました。

 

medibangpaint.com

 

ほんとに? 全部無料!?

すごい機能いっぱいです。

ちゃんと使い方をくわしく説明してくれてますが、

わたしには、とても使いこなせません。

とにかく、テキストの入力だけでもと、奮闘努力。

ただ文字を入れるだけなら簡単だけど、

かっこいいもの創れるのは、いったいいつのことでしょう?

 

ちょっと困ったのは保存の仕方。

レイヤーとかの意味がよくわかってないから、

元の画像消しちゃったみたいだし、

写真が大きすぎたのか、使い方講座の説明どおりの画面にならないし。

う~む。

こういうのは、

とりあえずやってみて慣れるしかないのでしょうか?

 

 

★ わからないのは写真の大きさ ★

写真を小さめにして、JPEG保存にするのは

Windowsについてるペイントを使いました。

 

でも、はてなブログは見たままモードだと、

画像の表示サイズを変更できるみたい。

なあんだ。

 

でも、リサイズはできないそうです。

たぶん、ペイントもリサイズできてないんじゃないかな?

ということは、どういうこと?

見た目は大きくなくても、

開くには重いまま、ということ?

 

ピクセルってよくわからなくて…

ていうか、わからないことが多すぎて…

 

スマホでとった写真を友だちの携帯に送るのさえ躊躇してます。

リサイズ用のアプリ、ちゃんとダウンロードしてるけど、

どこまで小さくしたらいいのかわからない…

 

ましてや、ブログにあげる写真ってどうするの?

難題山積、ちょっとグッタリしてる気持ちを

表してくれてるテディベア、です。