会えるのが楽しみな俳優たち

観るのは洋画でエンターテイメント系。気になる俳優さんでカテゴライズしてみようかなあ。

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」予想以上にはまってしまいました。

え~っと、

観てきた興奮のままの感想をいうと、

ハリポタシリーズより、こっちのほうが好き、かも?

 

 

一番予想外だったのが、

マグルのジェイコブさん。

 

あ、

マグルって普通の人間のことだって、みんな知ってますよね?

アメリカではノー・マジって言うことも…?

なんで違うの?

まあいいけど。

 

ジェイコブさんの太ったおじさま姿を予告編などで拝見した時は、

あ~コメディ担当ね。

人はいいけどドジでうるさくて、自覚なく主人公を窮地に追い込んじゃう。

ウザいからそういう人出てくるのイヤなんだよねぇ。

とつぶやいていたのですが・・・

 

申しわけありませんでした !

勝手な思い込みはいけません・・・はい・・・

 

ニュートとちょっと係わっちゃったために、

とんでもない冒険に巻き込まれちゃうんだけど、

なんていうか、

無駄にジタバタしない。

物事を決めつける固さがないっていうのかなぁ。

「これは夢じゃないよね。オレの頭じゃ思いつかないから(フフ)」

なんて言いながら、魔法生物たちを理解しようとする。

 

この異種なものを受け止めることって、簡単そうに思えるけど、

柔らかい心を持っていないと、なかなかできないことですよね。

 

人の心を読める女性が出てくるんだけど、

美人の彼女が、丸いジェイコブをとても気に入る、

っていうほど素直できれいな心も持ってるし、ね。

 

後半はかわいく見えてきちゃいますよ、ぜったい(笑)

 

 

それから、思ってた以上だったのが、ニュートの能力。

伏目がちの姿とか、おっちょこちょい(これって誰か訳し間違ってるんじゃないのかな)とか聞いていたし、

魔法習得にはげむハリーたちが頭に残ってるから、

どうかな?とちょっと心配してた(なんで上から目線ww)けど…

 

ニュートの魔法能力、目を見張ります。

 

人間とつき合うのは苦手で、あまり人の瞳を見ずに話し、

目の前のことに夢中になっちゃうばっかりに、

ちょっと天然ドジ感もある彼。

 

でも、ひとたび杖を持てば、呪文を使いこなし、

何より、自分になついている動物たちを使って、

機転をきかせ、難局を切り抜けていく姿にほれぼれします。

 

そのギャップも萌えポイント(笑)

でっかいサイみたいな魔法生物をトランクに戻すために

ニュートが魅せる舞(?)を観て

エディ・レッドメインってすごい!

と思うのは、わたしだけじゃない、よね?

 

 

ハリポタシリーズでは一度もなかった、

うっすら涙、状態になっちゃいました。

これも予想外のできごと。

 

次がまちどおしいです。

最大の悪役、誰が演じるかを最後にみせられて、

正直、ちょっと、ふむ?、って思ってるんですけど(笑)

 

できれば、わたしもあのトランクの中に入りたい、なあ。