会えるのが楽しみな俳優たち

観るのは洋画でエンターテイメント系。気になる俳優さんでカテゴライズしてみようかなあ。

「ジェイソン・ボーン」 息つく暇なかったよ

観てきたよぉ~

予告編もできるだけ観ないように、

楽しみに待っていた「ジェイソン・ボーン

 

最初のほうこそ、

ジェイソン、君はそこで何をしているのだ ?

ニッキー、あなたは何をしようとしているの ?

疑問符浮かべながら見てたけど…

 

次から次へと怒涛のように展開していくから、

息することも忘れそう。

 

悪い人が誰かも見極めないといけないから、

頭もフル回転しないといけないし!?(笑)

わたしががんばったって、事態は変わらないけど、

応援するポイント、間違いたくないじゃん ?

 

 

キーパーソンはやっぱり

アリシア・ヴィキャンデル

頭脳明晰なCIAエージェント。

たぶん、おそらく、一度も笑顔見せなかったんじゃないかな ?

うっすら微笑んだシーンがあったかな、くらいで…

自分の感情を飲み込むポーカーフェイス。

若くて美しいのに、それがピッタリはまっている彼女はすごい。

 

それに比べると、トミー・リー・ジョーンズおじさまは

わかりやすい、かも?

なんか、日本人としては親しみもってしまって、

キリっと見えない、どうしよう(笑)

 

凄腕スナイパーはヴァンサン・カッセル

ボーンを狙う暗殺者としては、

今までとはちょっと違って、遺恨があるみたい。

その分、冷酷で執拗、っていうか、死に物狂い。

 

 

ボーン・シリーズのメイキングで、

グリーングラス監督は実写にこだわる人だって知ってるから、

バイクやカーチェイスのシーンは

ホントにいったいどうやって撮ったの!? が続出!!

 

手を握りしめて、画面にくぎづけ。

 

ボーンの自分さがしがどうなったのか…

は自分で映画を観て考えて、ね。

 

一応答えはあるものの、

なんだかサラリと流れされた感じで、

続編撮らないといけないから、なのかな・・・?