会えるのが楽しみな俳優たち

観るのは洋画でエンターテイメント系。気になる俳優さんでカテゴライズしてみようかなあ。

ベビーカーに乗って、見たいのは何?

ポケモンGOが日本に上陸する少し前。

6月の初夏の日差しがけっこう強かったある土曜日。

 

歩道を歩いていると、

母親の押すベビーカーが前方に見えてきた。

赤ちゃん、暑いよね、今日は、きっと。

2歳くらいかなぁ?

 

知らない人を(赤ちゃんでも)まじまじと見る趣味はないので、

近づいてきたら、視線をはずす。

その瞬間、あることに気がついて、思わず二度見してしまった。

 

えっ?

えーーーっ!?

 

左手にスマホを持ち、

右手の人差し指が華麗に動いてる…

 

 

 

そ、それは、どう?

 

 

 

オムツをした子がスマホタブレットを自在に操れるのは知ってる。

わたしたちがどんなに努力しても、

追いつくことのできない世代が育っている。

 

でもさ、

家の中はともかくとして、外に出ても

視線の先がスマホっていうのは、ちょっとマズいんじゃない?

たしかに、都会だから、

車と自転車とビルと電柱しか目に入らないかもしれないけど、

チョウチョも飛んでないし、緑もチョビっとだけど、

なにか見つけようよ。

楽しいものを。

 

お散歩してるワンちゃんとか、

駆けていく幼稚園のおにいちゃんとか、

わがもの顔の鳩さんとか…

 

やばい、

思いつくものが、いまいち輝いてないぞ(笑)

 

でもね、

テクノロジーの進歩についていけず

青息吐息の大人のざれごと、にも聞こえるけどね、

これは絶対間違っていないと思う。

 

せっかく色んなものに出会える人生が始まったのに、

ちっちゃな画面に限定して欲しくないな、と思う。

もったいないじゃん?

 

 

ちょっと論点ずれるけど、

しっかり歩ける子がベビーカーに乗ってるのも

最近よく見かける光景だけど、

それも、どうよ?

 

きっと親も子もその方が楽なんだろうけど、

3歳位の太い足した子が、

ベビーカーにふんぞり返ってるのは、変じゃない?

親に押し込められてるというより、

自分の意志でそこに座っている感じが、不思議でしょうがない。

歩きたくないのかな?

 

 

ねえ、ベビーカーのおちびちゃんたち !

自分の瞳と足を動かそうよ。

世界は広いんだから !!